USDJPY日足エリオットウェーブ分析

0

    日足上昇のほぼ.618戻しまでの下落で、AOが上昇のダイバージェンスを示す形になっている為、
    ここでインターメディエット2波のC波の()波終了と考えられる。

    下げた距離と時間は赤色の斜線に示した。

    〇aより大きく長く、〇c波の特徴が出ている。
    よって、これより上昇の(3)波開始すると分析できる。

     

    (2)波の特徴として、(1)波の.618戻しが一番多い。但し.786戻しもしばしば見受けられるので、

    本日安値及び.618戻しを下抜くようであれば(日足終値)様子見をするべきです。

    JUGEMテーマ:プロ相場師への道

    小さい足でインパルス上昇後のコレクション終了確認からエントリーするのが

    一番の負けないおすすめエントリー方法です。

     

    https://www.tradingview.com/x/nYH2fbum/

     


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    米国エリオットウェーブインターナショナルの最新無料イベント紹介

    米国エリオットウェーブインターナショナルの最新イベント紹介中 本物のエリオットウェーブを学ぶならここしかありません!!! EWIメンバー登録(無料です!)で、無料の教材や講座が受けられます!

    XM

    selected entries

    categories

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM